コンテンツにスキップする

信じられるだろうか!?これが、現実になっている!!

トルーマンの思惑通りになっております

About me

イルミナティの最大の敵は、大和民族たる日本人

日露戦争で日本は、世界で初めて白人に勝利した。
この事は、世界に大激震を呼び、世界中の植民地で希望となったが、イルミナティにとっては、脅威でしかなく徹底的に日本を潰す事に繋がった。日本を大和民族をどのようにすれば滅ぼせるか、徹底的に研究された。

終戦前、日本は1億総特攻という日本国民全員が命をかけて志を一つに闘っていた。

神風特攻隊員が、日本を家族の幸せを守る為、自らを犠牲にして散っていった。

こんな精神性の高い民族は、世界中にいない。
イルミナティは、大和民族たる日本人が怖いのだ。
イルミナティの目的を果たす為には、大和民族が邪魔でしょうがない。
トルーマンは、表の顔は親日家と言われていたそうだ。
日本を戦争に引きずりこんだルーズベルトは、日本人は皆殺しにすると言っていたそうだ。

そして、戦後75年の時を経て現在に至る。



中国、韓国、アメリカより戦争ではない攻撃を受けている!

About me

日本人が眠らされている間に・

徐々に乗っ取られる!!

中国における日本国土の爆買いが進んでおり北海道に至っては、三分の一の買収が進んでいるとも言われいる。ニセコなどは、有名な話だが、良質な水源が抑えらている。現地の人にとっては、住みにくくなり、高値で売れるのだから、売って別の土地に住みたいと思うのは当然かもしれない。
全国的に買収が進んでいるが、新潟の買収が特に際立ち、中国から拠点地とするには、インフラ整備が良い為だともいう。
中国におけるアジア侵略は、着実に進んでおり東トルキスタンにおける奴隷ビジネスや強制収容所から、生きたままの臓器、皮膚、角膜を取り出す移殖ビジネスが横行され年間10万件、1兆円ビジネスとも言われ、このまま日本が占領され植民地にされれば、奴隷にされ臓器売買ビジネスの餌食にされてしまう日が近いかもしれない。
韓国においても日本でのTVや新聞によるプロパガンダの支配が強く、LINEに関しては、使用者の情報が抜き取られている話は世に知られている。
大東亜戦争で日本がアジアの奴隷解放をしたことで、アジア諸国は日本を讃え感謝したが、唯一反対の態度をとった国が中国と韓国である。
これも日本が力をつけないように意図的に巧妙に仕組まれたイルミナティの思惑だろう。
アメリカは、戦後から日本を巧妙に金融植民地状態にしており、日米合同委員会においては、ジャパンハンドラーの言いなりで、首相がそれを忠実に実行して行く。もはや、誰が首相になっても同じである。この国に正義の味方なる政治家は、いないのだろうか!?